ニュース

ホリデーシーズンに先駆けたプランニング

※本記事は米国のデータを元に執筆されています。


ホリデー向けのメッセージを確実に届けたいのなら、このシーズン特有の聴取傾向を知らなくてはなりません。Spotify のストリーミングインテリジェンスの力で得た分析結果をここに紹介します。

早々と始まる Spotify リスナーのホリデーシーズン。

サンタのそりの鈴の音が聞こえるのは 12 月の後半ですが、米国の Spotify リスナーは 11 月の初旬から定番のクリスマスソングをストリーミングし始めます。そして 11 月が終わる頃、これが全世界に広がります。そこで、マーケターはホリデーシーズン向けメッセージを早めに準備しておき、12 月を待たずに関連プレイリストで配信されるようにする必要があります。

ホリデー向けのストリーミングは、家族揃ってコネクテッドデバイスで。

言うまでもなく、ホリデーシーズンは家族で一緒に過ごすもの。Spotify プラットフォームの場合、これはコネクテッドデバイスで再生されることを意味しています。家族みんなが大好きな定番ソングを聴くので、ホリデーシーズン中はスマートスピーカーやテレビでのストリーミングが急増します。

  • スマートスピーカーでのストリーミングは、昨年 10 月から 12 月までに全世界で 76% 増加。1
  • 同期間、テレビでのストリーミングも 41% 増加。2
    また、リスナーの多くは料理を作って食べる時もストリーミングしています。ホリデーシーズンのご馳走や伝統的な慣習は、キッチンカウンターやダイニングテーブルが定位置なのです。去年は、ホリデーシーズン中に食事や料理中のストリーミングが 24% 増えました。3

クラシックや懐メロはホリデーシーズンに好まれる。

Spotify のストリーミングインテリジェンスでは、リスナーがホリデーシーズンをどう演出しているかも見てとれます。

  • 鉄板はオールディーズ: オールディーズ系ジャンルのストリーミングシェアは昨年 10~12 月に 30% 増加し、クリスマス当日に 86% 増加。4
  • 交響曲も人気: ホリデーシーズン中はクラシック音楽のストリーミングが 16% 増加。5
    ホリデーシーズンに音楽は欠かせません。ホリデー気分で盛り上がるオーディエンスにリーチするなら、デジタル音声広告が最適です。伝えたいメッセージを最適なタイミングで、リスナーの好む環境で届けることができます。まずは次のアイデアを検討してみてください。

1. 一緒に聴いている家族にリーチする。
ホリデーはただのお祭り騒ぎではなく、絆を深めるためのもの。オーディエンスにそう思わせるようなデジタル音声広告にしましょう。デバイスターゲティングを使って、スマートスピーカーやテレビでストリーミングしているリスナーにリーチし、自宅での聴取を意識したメッセージを伝えます。

2. 食事や料理とのつながりを意識する。
ホリデーシーズンのご馳走を作る人に敬意を表するような 3D デジタル音声広告を作成し、キッチンでのプレッシャーを和らげるヒントを提供しましょう。メッセージの露出を高めるため、料理の時間帯を狙った Spotify エディトリアルプレイリストのスポンサーになるという方法もあります。

3. メッセージをノスタルジーと結び付ける。
ホリデーシーズンは思い出に浸ったり、旧交を温めたりするときでもあります。その証拠に、この時期はオールディーズのストリーミングが急増します。こんな風に昔を懐かしむ時期には、特定の世代や年代をターゲットにして、思い出を呼び覚ますノスタルジックなメッセージでオーディエンスにリーチすることを検討してください。

オーディエンスが年末のことを考え始める頃に、ホリデーシーズン向けのメッセージをストリーミングの一部に組み込みたいとお考えの場合は、こちらからご相談ください。

参考記事(英語)

1 Spotify 社内データ、Spotify Free ユーザー対象 (2020 年、グローバル) 2 Spotify 社内データ、Spotify Free ユーザー対象 (2020 年、グローバル) 3 Spotify 社内データ、Spotify Free ユーザー対象 (2020 年、グローバル) 4 Spotify 社内データ、Spotify Free ユーザー対象 (2020 年、グローバル) 5 Spotify 社内データ、Spotify Free ユーザー対象 (2020 年、グローバル)

Let’s talk

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.