ニュース

広告パートナーを認定するプログラムをリニューアル「Spotify Advertising PARTNER」を新たに4社認定

(2/17/2021 プレスリリースより)

世界で 3億4,500万人以上のユーザーが利用するオーディオ ストリーミングサービス Spotify(会社名 Spotify AB / 本社 Stockholm, Sweden)は、Spotifyのサービスや広告商品を活用し、広告主のキャンペーンに大きく貢献した広告代理店や広告関連企業を評価し認定するパートナープログラム「Spotify Advertising PARTER」をリニューアルし、新たに4社をパートナーとして認定しました。

Spotifyは、2020年6月に本プログラムの前身となる「Spotify for Brands PARTNER」プログラムを開始し、Spotify上の広告枠取り扱い量や内容、売上成長率などをもとに審査を行い、11社をパートナー企業として認定いたしました。この度、2020年の販売実績などを踏まえ、新たに次の4社をパートナー企業として認定。認定パートナーには、Spotify広告枠の予約型販売権を提供するとともに、デジタル音声や動画をはじめとしたSpotifyのユニークな広告枠を活用したマーケティングソリューションの開発や調査プロジェクトなどを合同で実施いたします。今後も定期的に実績の審査・評価を行い、年2回の頻度で認定パートナーを更新してまいります。

<新規認定パートナー>
• 株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
• 株式会社サイバーエージェント
• デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
• 株式会社 博報堂DYメディアパートナーズ
(五十音順)

なお、Spotifyはブランドマーケッターや広告業界関係者向けの日本語版情報サイト「Spotify Advertising」をこの度開設し、デジタル音声広告の可能性や、生活シーンやモーメントを捉えてリスナーとのエンゲージメント強化を促すSpotifyの広告プラットフォームとしての特徴や活用事例などを紹介しています。Spotifyは、音楽やポッドキャストなどをいつでもどこでも、好きなデバイスで楽しめるオーディオストリーミングプラットフォームとして、今後も引き続きデジタル音声広告のさらなる普及に取り組んでまいります。

<参考: 2020年6月の認定パートナー11社>
• 株式会社アイレップ
• 株式会社エフエム東京
• 株式会社 オトナル
• 株式会社サイバー・コミュニケーションズ
• 株式会社 ザ・ゴール
• 株式会社JR西日本コミュニケーションズ
• 株式会社新通
• 株式会社トライバルメディアハウス
• 株式会社電通デジタル
• 株式会社VOYAGE GROUP
• 株式会社マッキャンエリクソン
(五十音順)

Let’s talk

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.