ニュース&インサイト

音声広告か、動画広告か?適切なフォーマット選びのヒント

音声広告の長所

没入感がある
音声広告では、さまざまな形でストーリーを表現できます。可能性は無限です。ごく短い時間で感情を伝え、気持ちをつかみ、想像力を刺激して、リスナーとの距離を縮めることができます。製作費や製作スタッフがそれほど必要ないことも、音声広告の長所です。

音声広告で表現できるストーリーの例

今すぐ聴く:再生ボタンから Spotifyのデジタル音声デモを視聴できます。デジタル音声のパワーを体感ください。

00:00 / 00:00

🎧 ぜひヘッドフォンで聴いてみてください。

普通なら難しい場面でもリーチできる
当たり前ですが、リスナーは何かを聴くために Spotify を利用しています。気晴らし、やる気アップ、単なる暇つぶしなど、目的はさまざまですが、何かを聴くという点は共通です。常にサウンドが「オン」の Spotify 環境では、音声広告はリスナーのエクスペリエンスに自然と溶け込み、リスナーが映像メディアを見られない場面でも、広告主のメッセージを届けることができます。

柔軟で効率が良い
音声広告なら、映像スタッフは不要です。1 つのアイデアに縛られる必要はなく、オーディエンスの多様なニーズに対応するために、複数のバージョンを効率よく作成できます。

動画広告の長所

商品を見せられる
形のある新商品を宣伝するなら、動画はうってつけの手段です。視覚と聴覚を使って、商品の特徴を瞬時に伝えることができます。視覚情報があることで、どんな機能を持ち、どんな状況で使われる商品かをわかりやすく紹介できます。

クロスチャネルの連携ができる
テレビやソーシャルメディア、屋外広告など、多様な視覚的チャネルにまたがる大規模キャンペーンを展開する場合は、Spotify の映像エクスペリエンスを活用して、Spotify 広告をキャンペーン全体にすばやく連携させることができます。

映像と音声の両方を届けられる
他のプラットフォームでは動画広告が音声なしで再生されることが多いのですが、Spotify は違います。Spotify では常にサウンドが「オン」なので、映像と音声をセットにしてストーリーを表現でき、必ず目と耳でメッセージを受け止めてもらえます。視覚と聴覚の組み合わせが保証されるため、制作の選択肢が広がり、音声の没入感と動画のわかりやすさの両方を活かすことができます。

組み合わせの相乗効果

  • 90%

    広告想起率が向上*

    音声広告と動画広告の併用で、広告想起率が向上します。
  • 2.2 倍

    ブランド認知が向上*

    音声広告と動画広告の併用で、ブランド認知が向上します。

動画広告と音声広告を組み合わせた結果、広告想起率が 90% 向上し、ブランド認知が 2.2 倍に伸びたとする調査結果があります*。 どちらのフォーマットにもそれぞれ長所がありますが、両方を併用することで、強く印象に残るメッセージをリスナーに届けられます。詳しくはこちらよりもご確認頂けます。

原文 (英語) はこちら

  • Nielsen Brand Effect による Spotify 広告の分析 (2020 年 3 月)

Let’s talk