ニュース

魅力的な音声広告を作るには

Spotify Advertising チーム

音楽を通してリスナーとのエンゲージメントを生み出すことができるSpotifyの広告サービスをご存知でしょうか?Spotifyが提供するデジタルオーディオ広告は、さまざまなデバイスで音楽を楽しんでいるフリーユーザーに対し、楽曲の間にブランドメッセージを届けます。1社の広告のみが再生されるので、ユーザーの耳にあなたのメッセージを確実に届けることができます。
確実にユーザーの耳にメッセージを届けることができるので、業界のオンライン広告のベンチマークと比較しても圧倒的なインパクトを提供し、世界中の多くのブランドの皆さまにご利用いただいています。

この記事では、過去の広告パフォーマンスを分析した結果から導き出したオーディオ広告クリエイティブのポイントをご説明します。

Spotifyのオーディエンスに向けた広告メッセージを考える

リスナーは音楽を聴くためにSpotifyにアクセスしています。広告を作る際は、ユーザーは、ニュースやトークでなく音楽を聴いている最中に広告を聴いているということを前提にメッセージを考えましょう。リスナーは音楽の熱心なファンです。音楽ファンに向けて語りかけることでぐっと注意を引くことができるでしょう。

音声で伝わるわかりやすいメッセージ

リスナーはどこのブランドからのメッセージを聞いているのかわかりません。まずどこのブランドからのメッセージなのかを明確に伝え、リスナーがメッセージを受け取る準備を促しましょう。またブランド名だけでなく、何を伝えたいのか要点を絞ったり、ユーザーに対してどのようなアクションを促しているのかも明確に伝える必要があります。

クオリティを上げる

そのほかの注意点として、過去にメッセージを聞いたことのないリスナーが一度聞いただけでも内容を理解できる程度のシンプルな音声制作を目指しましょう。そのためには、必要以上のメッセージや音声(声優や効果音)を入れすぎないことも重要です。

上記のコツをふまえて、より良いデジタルオーディオ広告を作りましょう。ブランド広告主の皆さまから、音声にデジタルストリーミングのエッセンスを加えたユニークな広告が生み出されるのを楽しみにしています。

こちらからSpotifyのオーディオ広告作成の手引き (PDF) をダウンロードいただけます。

ダウンロード

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

Let’s talk

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.