お客様事例

チェコの自動車メーカー ŠKODA がインタラクティブの新たな方向へキャンペーンを加速

強いインパクトで目を引く ŠKODA のホームページテイクオーバーが、車の購入を考えている消費者に新しい ŠKODA KAROQ の独自性を訴求

  • 121%

    広告想起

    ŠKODA の広告想起率が 121% 上昇
  • 32%

    ブランドの認識

    「ŠKODA は製品の品ぞろえが豊富」という意見に同意するリスナーの数が 32% 上昇
  • 98%

    効果とビューアビリティ

    Moat の測定による効果とビューアビリティのスコアが 98% を達成

概要

ŠKODA France は、車の購入を考えている 35~54 歳の消費者を対象に、新しい ŠKODA KAROQ SUV への認知と関心を喚起しようとしていました。

ソリューション

ŠKODA ブランドの特徴は何と言ってもその独自性にあるため、Spotify でのキャンペーンも一味違うアプローチをしたいという意向でした。そこでホームページテイクオーバーを利用し、見逃しようのないインタラクティブ広告を作成しました。

このホームページテイクオーバーでは、Spotify インターフェイスの最上部に「スタート」が表示されます。これをユーザーがクリックすると、ちょっとしたサプライズが始まります。SUV がウィンドウから飛び出し、風が吹き渡る道を Spotify プレイリストに乗せて走り出す様子が下の画面に映し出される仕掛けになっているのです。

ŠKODA はホームページテイクオーバーというフォーマットの利点を活かして、SUV が Spotify インターフェイスの一部であるように思わせ、リスナーが動画の中のドライブに「同乗」するような効果を生み出したのです。動画が終わると、「あなた自身の冒険を選ぶ (choose your own adventure)」という 3 つの行き先を示したリストが表示されます。

雪、都市、ビーチの中から 1 つを選ぶと、対応するプレイリストが旅のサウンドトラックとして提供されます(広告は常に新しいロードトリップ用のプレイリストで終わるのが望ましいため)。このプレイリストは、Spotify が音楽に、そしてリスナー自身の音楽への情熱に対して持つ独特な関係を活かし、リスナーがドライブで聴きたい曲の好みに合うように作成されています。これらのブランデッドプレイリストは ŠKODA のブランドプロファイルにも直接公開され、フィーチャーされたプレイリストのアートには ŠKODA のロゴが組み込まれています。

このキャンペーンでは、ターゲットである 35~54 歳の Spotify リスナーとつながるために、動画、オーディオ、ディスプレイ広告という複数のフォーマットが利用されました。ホームページテイクオーバーの他にデスクトップビデオテイクオーバーとデスクトップオーバーレイも併用し、他のエントリーポイントからもこの体験への誘導を図っています。

インパクト

● ŠKODA のキャンペーンは、没入感のあるインタラクティブなビジュアルの効果によって強く記憶に残るものになり、対照群との比較で広告想起が 121% 向上しました。
● この広告によって、「ŠKODA は製品の品ぞろえが豊富」という意見に同意するリスナーが対照群との比較で 34% 上昇しました。
● このビデオテイクオーバーフォーマットは、Moat の測定によるスコアで、Moat のデスクトップベンチマークの 1.8 倍高い 98% の効果とビューアビリティを示しました。

フォーマット: ホームページテイクオーバー、デスクトップビデオテイクオーバー、デスクトップオーバーレイ 市場: フランス 配信期間: 2018 年 1 月~2018 年 2 月 出典: LeanLab、2018 年 2 月 // サンプルサイズ: Spotify リスナー 600 人。Moat、2017 年第 4 四半期、France Desktop Video Benchmarks (フランスにおけるデスクトップビデオのベンチマーク)

Let’s talk

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.